×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

浮気や不倫の関連法律ガイド

ピックアップ探偵・調査会社
企業調査センターUpdate
企業調査センターは、群を抜く確かな情報力と調査力により、所謂調査会社の域を超えた、コンサルティング&リサーチを行う情報価値創造企業です。ヘッドハンティングや人材育成、労使間トラブルについての相談、また、企業信用調査、経営者個人の信用調査のみならず、企業経営の多岐多様な場面に於いて、必ずやお役に立てる事をお約束いたします。企業経営における調査・コンサルティングに関するご相談は、当企業調査センターへお任せください。調査会社
大阪府興信所 Update
浮気調査
浮気調査
素行調査や浮気調査やストーカーの特定調査など各種証拠撮影や行方調査等に代表される個人向けの探偵調査業務などの各種調査を日本全国にて実施している探偵・調査会社・興信所です。良質な探偵調査のご提供を心掛けて業務に取り組んでいます。ご相談やお見積りは無料です。メールやお電話等でどうぞお気軽にご相談下さい。
興信所
当サイトについて
当サイト(浮気や不倫の関連法律ガイド)は浮気や不倫等に関連した法律の内容及び説明、各種調査などを実施する調査会社・探偵・興信所等のご案内などを記載しているサイトです。
当サイトでご案内しているリンク先の調査会社・探偵・興信所などのご利用にあたりましては、ご利用される方の判断と自己責任において、ご利用下さい。


浮気や不倫の法律ガイド
運営:テラ・サービス 
 Terra Service

飾り 浮気や不倫の関連法律ガイド
  浮気や不倫に関連した法律
日本の法律上、不倫は「不貞行為」(貞操義務の不履行)という。
●夫婦がお互いに他の異性と性的交渉を持たない義務に反する行為である。
●一度きりの性的交渉も不貞行為とされるが、離婚理由になるには反復的に不貞行為を行っていることが必要とされる。
●男女間の密会が性的交渉を伴わない場合は「不貞行為」にはならない。

浮気や不倫は、不貞行為となります。不貞行為とは、法律用語で民法第770条第1項第1号に定められている離婚原因のひとつであり、裁判などによると不貞行為の定義は、「配偶者のある者が、自由な意思に基づいて、配偶者以外の異性と性的関係を持つ事」となっております。

民法 第770条について
1.夫婦の一方は、以下の場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
  @配偶者に不貞な行為があったとき。
  A配偶者から悪意で遺棄されたとき。
  B配偶者の生死が3年以上明らかでないとき。
  C配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
  Dその他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。
2.裁判所は、前項第1号から第4号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して、婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却する事が出来る。

不貞行為とみなされない状況
離婚をする事が前提で夫婦が別居をしている場合。
夫婦関係が破綻し、双方合意の上で別居をしている場合。
夫婦関係が破綻し、双方合意の上で家庭内別居をしている場合。
以上の場合には、配偶者が異性と肉体関係を持ったとしても不貞行為とはみなされません。しかし、別居をする以前から浮気や不倫をしていた場合には、不貞行為とみなされます。
肉体関係の無い浮気などは、法律上の不貞行為にはなりません。配偶者が異性と食事やデートをしたり、メールや電話でやりとりをしていたとしても、肉体関係が無い場合、不貞行為とはみなされません。

離婚が認められる不貞行為
裁判で離婚が認められる不貞行為については、一度だけの不貞行為でなく、反復した不貞行為が必要とされる事が多いようです。すなわち、たった一度でも浮気や不倫は、不貞行為になるが、裁判で離婚を請求する場合には、継続的に浮気や不倫をしている方が離婚を認められやすいという事になります。ただし、たった一度きりの浮気や不倫でも、その事が原因で婚姻関係が破綻に至ったのであると判断される場合には、離婚が認められる事もあるようです。

飾り Topics 浮気・不倫
 
浮気と不倫 New
浮気(うわき)とは、異性交際において本命の恋人と交際関係を維持しながら、無断で他の異性と交際すること。浮気の基準は、男女や個人やカップル同士の認識でそれぞれ異なる。二人きりでデートした場合や唇にキスをした場合についても、浮気の認識に違いがあることがある。だが、肉体関係に入った場合は浮気という認識は強い。
不倫は配偶者のある男や女が、配偶者以外の異性と恋愛し、性交を行うことをいう(配偶者のいない男や女が、配偶者がいる異性と恋愛し、性交を行う場合も含む)。古くは姦通、不義密通といった(くだけた表現では不倫も浮気と呼ばれる)。
浮気や不倫の関連法律ガイド
不倫の代賞 New
不倫は民法第770条の離婚事由に相当し、家庭崩壊の場合は配偶者に訴訟を起こされることがあり、慰謝料などの民事責任に問われることになる。実子がいる場合は、年齢に関係なく心を激しく傷付けトラウマを植えつけてしまいかねない。子供が心身を激しく傷つけられた場合には不倫をした本人の配偶者からだけでなく、子からも訴訟を起こされることがある。 重婚的内縁関係に於いては、実子を邪魔な存在と感じて児童虐待に及ぶケースがある。不倫が公になると家庭や友人関係を一気に崩壊させる危険をはらみ、経済的・精神的に深刻な打撃を受け、社会的信用はもとより、自身の社会的な基盤すらをも失う可能性がある。不倫関係の解消の際には、今までの関係を暴露すると脅されたり、口止め料や手切れ金を要求される場合もあるため、これらのトラブルも代償とされる。 浮気や不倫の関連法律ガイド
不倫(不貞行為)の時効 New
不倫(不貞行為)の時効については、浮気や不倫を知った時、浮気相手を知った時から3年となっているようです。 浮気や不倫の関連法律ガイド


テラ・サービス Terra Service

 
浮気や不倫の法律ガイド 運営会社:テラ・サービス Terra Service 公式サイト
 (士業サイト・探偵調査業サイト・各種法律サイト運営・WEB関連サービス提供)
 
当サイトへのリンク掲載等のお問い合わせは、お問い合わせフォームをご利用下さい ⇒ お問い合わせメールフォーム


Copyright(C) 2010-2016 浮気や不倫の関連法律ガイド All Rights Reserved.


(PR LINK)
トラブル相談室 (男女トラブル・各種トラブル)
弁護士ガイド 司法書士ガイド 行政書士ガイド 
浮気や不倫の証拠収集ガイド 【浮気調査・不倫調査】